窓が小さいからプライバシーが守れる新しい家

友人の新しい家に行ったら、外観がとってもおしゃれでした。

玄関のドアが洋風に見えるのに引き戸なのです。

重厚感のあるおしゃれなドアは、ブラウンの品がある高級感のあるドアでした。

窓が小さく、中がよく見えないようなデザインになっているのが良いなと思いました。

腰よりも高い位置に窓があるので、容易にその部屋の中に入り込むことができない造りとなっています。

窓が通常の窓のサイズよりもかなり小さく、そんな窓が幾つも並んでいるので、中の様子が見え難いのでした。

「でも、こんなに小さい窓だと、中に日差しがしっかりと入ってくるのかな?」と思いました。

中に入ってみると、部屋の中がとても明るくなっていました。

部屋の遠くまでその日差しは入り込み、でも家の中からは空の位置を見ることができました。

これなら中の様子がほとんど見え難いから、とてもプライバシーが守れると思いました。

今の新しい家には、こういったようなデザインの窓や外見が流行しているようです。

部屋の上の方には丸い可愛い窓があり、それもとてもおしゃれでした。

その窓からは月が見えたのも感動しました。

また、小さい窓を選んだのは断熱性を考えてとのことでした。
断熱性を高める家つくりには、窓を考えるといいようです。

家の中が寒くなる原因の1つに、窓から入ってくる外気というものがあります。

この外気は、どうしても窓を閉め切っていても入ってきてしまう冷たい空気で、部屋の温度を低くしてしまう原因になります。

窓の薄さにもよりますが、窓が外の気温が低い時にはガラス窓を伝ってはその寒さが窓に伝わり、室内の温度が低くしてしまうことになるのです。

そのため、断熱性を高める家にするなら、その窓にフィルムを貼るといいとのことでした。

窓に簡単に貼れるタイプの特殊なシートがあり、それを貼るだけでその外気の冷たさを大幅にカットすることができます。

外の気温が低くても、その冷たさがそのシートによってシャットアウトするので、部屋の中の空気が冷たくなりにくくなります。

よって断熱効果が上がり、暖かくなるのです。

最初からそのシートと同様の機能がある窓を採用したこともあり、より断熱性を高める家となったようです。

その話を聞いて、わが家も改築する予定はないので、窓ガラスにシートを貼ってみました。するとどうでしょう。すぐに部屋にはいるとつけていたエアコンも半分くらいはつけなくてすむようになったのです。

<特別サポート>
英語上達の秘訣|エロチャット|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|JALカード|住宅リフォーム総合情報|お小遣いNET|GetMoney|女性向けエステ.com|アフィリエイト相互リンク|内職|サイドビジネス|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|ページランク ランキング|