2階の和室で三味線を弾いては楽しむ家

2階にも和室に設けました。

2階の隅の部屋を和室にしたのです。

朝日がとてもよく入る場所に和室を設けたら、起きるとその気持良い朝日で目が覚めるのです。

その朝日は障子を閉めていても入ってくるほどです。

朝は暖かくなり、とっても快適に起きれます。

和室だから布団を敷いて寝ます。

部屋には何も置かず、広々とした場所で快適に寝ています。

畳みの香りを嗅ぎながら寝ることができます。

畳みの若い青さのある畳の部屋は、そこで三味線を弾くのが楽しいのです。

ちょっとした着物を着て、中古で買った三味線を弾くわけです。

雨戸を閉めて、素敵なライトをつけながら弾く三味線の音色は実に魅力的です。

それを家族をその部屋に招き入れては弾いてあげます。

すると、とっても喜んでくれるのです。

やっぱり、和室には日本の楽器がとっても合います。

そんな楽しみもした家では、和柄の座布団に座り、和柄のカーテンを自分で仕立てては掛けました。

2階の和室はとってもプライベートな空間にできるなと思います。