集客コンサルタントの手腕

コンサルティングには色々な会社があります。集客や営業、資金繰りなどです。中でも集客のコンサルティングはマーケティングの基礎とも言える非常に重要かつ範囲の広い分野です。集客コンサルタントを名乗る人は、理屈としての正解よりも実践を重ねて結果を出した手法を正としてコンサルティングをします。集客にはまず市場調査が必要ですが、さらにそれより前に、経営方針の確認が必要です。要はどのターゲット層を顧客として集めるのか、という当たり前のようなことなのですが、これが意外にもあいまいな会社が非常に多いです。例えば経営者に顧客層の年齢層を聞くと20代~50代と答えたり、「車に興味がある人」など非常にあいまいな像を描いていることが多いです。集客はいかにターゲットに響くコピーや手法を生み出せるかという点が非常に重要なのですが、そもそもターゲットがあいまいすぎてはだめです。みんなに響く宣伝というのは、誰にも深くは響きません。当たり障りのないキャッチコピーでスルっと耳から流れてしまいます。集客コンサルタントの仕事はまずクライアントの経営者に、ターゲット像の絞り込みをしてもらうことから始まります。